車山の外輪山、鷲ヶ峰 2。

すっかり快晴、そして向かう先に延びるなだらかな稜線。一番奥に見えるのが山頂だが、厳冬期には頂の右側(北側)に大きな雪庇が出来るらしい。

八島ビジターセンター駐車場から1時間ほどで登頂。願ったとおり、山頂を独り占めである。陽射しは穏やか、それほど風もなく、寒さを感じることもない。ランチタイムにはまだ早い。ベンチに腰掛け、しばし無線運用。しかし今回も自分は「サザエさん」であった。特小無線機とデジタルコミュニティ無線機は歩行中には使わないのでザックに入れた。いつもデジタル簡易無線をワッチしながら登るので、出発直前に、最後の最後にザックのショルダーに括り付けたポーチに入れるのだが、今回は電源を入れたまま無線機をリアハッチに置き去りにしてきた。実のところ湿原周りを歩いている時にそのことに気づいたのだが「まあ、いっか」ということで先を急いでしまった。

ということで、山頂では特小とデジコミを運用した。この日はライセンスフリー無線の全国イベント、「春の一斉オンエアデイ」が行われている。

特小での交信は叶わなかったが、L03chでナガノ某局のコールが微かに聞こえていた(L05chはM5で入感していたが業務運用だった)。デジコミではナガノの複数の局長さんと交信することが出来た。さすがに標高が1800m近くある山頂は長居が辛い。寒さは感じないと言ったが、少し風が吹き始めると体の冷えが加速する。”追っ手”(失礼)の登山者が登頂してきたこともあり、山頂には30分ほど滞留し下山した。

↑ 左端に蓼科山。その右に八ヶ岳が見える。

北アルプスも乗鞍岳も御嶽山も見えた(富士山と南アルプスは見えなかった)。しかし悲しいかなスマホでは撮影も限界。やはり望遠レンズが付いた一眼レフ(ミラーレス)が欲しい。ああ欲しい…。

頑張る枯木。なんの木だろう。

↑ 車山のレーダー観測所が確認できる。この角度から見ると八ヶ岳連峰がひと回り大きく(長く)見える。

↓ 昨年大晦日に車山の登山道から八島湿原を見下ろした画像。ハート型に雪が積もった八島湿原の向こうに見える小高い山が鷲ヶ峰。

山頂から1時間ほどで下山。駐車場に集められた雪で靴の泥を拭わせてもらったが、そう簡単には泥は落ちない ( ノД`)シクシク…。

無線機は忘れてもコンビニおにぎりは忘れない(笑)。

お昼は駐車場でおにぎりとカップラーメン。と、前日に産休に入る社員からもらった長崎カステラ(笑)、これが美味かった。その後、霧ヶ峰富士見台展望所に立ち寄ってから今宵の宿に向かった。諏訪での晩酌はジビエ料理の居酒屋と決めているのだが、今回はどうにもこうにも寿司が食べたくなり、初めて上諏訪の寿司屋の暖簾を潜った。気さくな主人で美味しい寿司と楽しい話で満喫させてもらった。

翌日は朝から雨。天気が良ければ木曽のキビオ峠に登ってライセンスフリー無線の運用も考えていたが諦めて、安房トンネル経由で高山入り。ようやく一刀彫の干支を手に入れることができた。久しぶりに清見から「せせらぎ街道」を利用したが、南北に伸びる線状降水帯に捕まってしまい大雨のドライブ。心底参った。

 

励みになります!


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

+1