上高地〜田代湿原編。

大正池から田代湿原・田代池までのコースは2つある。林間コースと梓川コースだ。以前、林間コースを歩いたことがあったので今回は梓川コースを歩く。コースタイムは大正池から40分。まだまだエネルギーが満タンだったのでもう少し速く歩いたかもしれない。何せいつもトレッキングで履いているハイカットの登山靴ではなく、ローカットのハイキングシューズを履いている。おかげで足元は軽い。ただし、靴底が薄いので石を踏むと痛い(笑)

目前の「霞沢岳(2645.8m)」 に圧倒される。田代池はこの霞沢岳を源流とする「八右衛門沢」からの土砂によって堰止められた浅い池である。水面には梅花藻が浮き、対岸には小梨(ズミ)が咲いていた。

↓ 田代湿原からの穂高連峰。

湿原のヌマガヤとカラマツ林。そして背景に穂高連峰。
この景色も秀悦である。

田代橋に向かう途中、「分岐の先は行き止まり」という標識に従って梓川の川原に出た。西穂高岳の連なったピークの一番奥にピラミッドピークが顔を覗かせる。

川原から再び林間に入る。耳を澄まし、上下左右あちこち眺めながら歩いていると野鳥が飛んできた。
ゴジュウガラである。

虫でもいるのかな。幹をくるくる回りながらくちばしで突いている。

あらあらサルオガセ。北八ヶ岳や入笠山で良く見る樹皮に付着して懸垂する糸状のアレである。

「田代橋」から穂高連峰を眺める。絶好の撮影スポットだが、この時は誰もいなかった。大正池からこの辺りまで本当に閑散としていた。以前はスーツケースを引きずって団体で歩く旅行者を見たが、今は昔…である。

田代橋のすぐ先にある「穂高橋」。ちょうど良い具合に小さな子供を連れたファミリーがやってきた。この橋を渡る(手前に)と梓川の右岸に出る。そして河童橋まで上質なホテルが点在する。

「前穂高岳」。

梓川と「六百山」。

 

励みになります!


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

+1