入笠山 2。

案内図の看板や岩場分岐を示す標柱はすっかり埋もれている。この付近、夏場は笹薮が登山道を囲っている。

ツイッターでも呟いたが今年は正月早々色んなモノが壊れた。この日は2015年から使用しているミラーレス一眼レフカメラ(Nikon 1 J5)がおかしくなった。数年前からパワードライブズームのレンズの開閉に異常が出て、ごまかしながら使用していたのだが、今回は電源スイッチがぶらんぶらんになってしまった。度重なる山での転倒や落下、ぶっつけ等でそろそろお役御免ということか。ファンヒータは灯油を受けるバスケットを掃除して正常に戻ったが、いずれにせよ、予期せぬ出費は痛い。

入笠山、そして北八ヶ岳名物の「サルオガセ」。氷雪から解放されて春を心待ちにしているよう。

↓ 首切登山口分岐。
登山道のギャップが埋まっているので歩行しやすい。夏場はここから山頂へ向けて最後の登りが始まるが、けっこうキツイ。

その山頂が近づいてきた。

青空に登頂。

そして絶景。
中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、後立山連峰、八ヶ岳連峰、奥秩父の山々、富士山、甲斐駒ケ岳、北岳、間ノ岳、鋸岳、仙丈ヶ岳…。

コンビニおにぎりを頬張りながら、贅沢な景色を堪能。デジカメでもこの絶景を撮影したが全てボツ…。

山頂には20分ほど留まってから下山。山頂直下は雪が腐り始めていてチェーンスパイクでも軽く滑る。翌週にはまた寒波が来るようなので雪面のコンディションは若干持ち直すだろう。

あっという間に下山し、入笠湿原。湿原からはアンテナ塔に向かう斜面(木段)を上がった。ゴンドラ山頂駅で乗車しようとしたところ、復路の乗車券が見当たらない。サコッシュに入れたようなウエストポーチに入れたような…。どちらを探しても出てこない。ゴンドラの係員にその旨を話したところ、乗車を認めてくれた。有難や…。

下山後に沢入登山口の駐車場まで移動。舗装された林道をくねくね登った。
春、もしくは夏には沢入から入山したい。

例によって上諏訪に投宿し、行きつけの居酒屋でいっぱい引っかけて今回の遠征は終了。諏訪では「わかさぎの佃煮」を買い、岐阜では新酒の生酒を買い求めて帰路に着いた。

 


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

+2