入笠山 1。

今年初めての信州遠征は積雪十分の入笠山。
富士見パノラマリゾートの駐車場は首都圏を中心とした他都府県の車が多い。そしてその車でやって来た彼らの目的はスノボー。自分のような登山客はほんの一握りである(笑)。

準備を整えて9時前にゴンドラ・リフト券売場に向かったが、並ぶことなく購入することができた。前回までは往復1枚のゴンドラ券だったと思うが、今回は行き帰り1枚ずつの発券だった。おかげで帰りのゴンドラ券がサコッシュかウエストポーチのどこかに消えてしまい再購入かと焦ったが、ゴンドラ係員の配慮で乗車させてもらった。ゴンドラ券はその後ウエストポーチのウォレットの中から出てきた…。

「乗車中はマスクを外さないでください」とのこと。
乗客は自分一人だったので外させてもらった。

青空に八ヶ岳。
この絶景を計算してこの場所にゴンドラを設置したのだろうか。
途中までは右側(東側)に富士山も見えている。

ゴンドラ山頂駅に到着して、まだ人が少ないゲレンデと八ヶ岳。
被写体としてもスキーヤーは珍しい(笑)。

チェーンスパイクを装着して入笠湿原へ。
木道(階段も)はすっかり雪に埋もれていたが、湿原を迂闊に歩くと踏み抜くので注意を要す。踏み抜いた下には小川が流れていたりする。

マナスル山荘本館は開店前で準備中。”若番頭の「あじ」くん”がポツンと佇んでいる。入笠山へはお花畑からではなく、山荘前から登った。

「暖かい」を通り越して暑い。マスク代わりのネッグウォーマーが暑さを増幅させる。樹木に付着した霧氷を期待していたのだが、まったくの期待外れだった。

 

励みになります!


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村