越中五箇山・菅沼合掌造り集落。

石川県の親類の家に遊びに行った翌日、富山県南砺市の「菅沼合掌造り集落」を見て歩いた。昨年の相倉合掌集落に続く「越中五箇山の合掌造り」見学である。

五箇山は隣接している岐阜県大野郡白川村の白川郷(荻町地区)とともに1995年に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されている。中でも菅沼の集落に至っては合掌造りが9軒と至って小規模である(参考までに相倉合掌造り集落は23軒、白川郷萩町合掌造り集落は60棟)。駐車場に車を停める際に保存協力金と駐車料金を合わせて500円を徴収される。小規模が故にこの500円が「高い」と思われる節があるが旅行者のみなさま、歴史的遺産の保存のためと考えましょう。

「塩硝の館」とか「五箇山民俗館」とか、合掌造りの中に入って「見るべきもの」もあるようだが、時節柄、外からの見学だけとした。そのため可能な限り集落の広範囲を歩いてみた。

「庄川」が大きく湾曲したところに突き出るように集落が出来ている。

集落の鎮守「神明社」の森。お墓が見えるが、お供え物を狙って来るのか、お墓の周りでイノシシの落し物が散見された。

↑ 分厚い茅葺。

土産店の周りは旅行者がいっぱい。店頭には飛騨の「さるぼぼ」や「栃の実せんべい」もあった(笑)。

エレベータで展望台に上がると集落が一望できる。閑散としているように見えるが、大きく分けて上下2か所ある駐車場はほぼ満車だったからそれなりに旅行者(観光客)は居た。

柿の木。

菅沼集落では饅頭のようなお菓子を土産に買い求め帰路に就いた。近く人間ドックがあるので終わってから頂こう。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2+