北八ヶ岳 2

どこまで行ってもモノクロの世界。
一瞬、本当にカメラが壊れたのではないかと思いました。
ピントを合わせるのも一苦労でした。

2015031408

結局、雨池峠で引き返しました。ここまではほとんど平坦な道のりでしたが、雨池峠から縞枯山にかけてはそれなりの登りになります。腰はそれほど痛みませんでしたが、無理はできません。

2015031409縞枯山は、夏に来よう。

北横岳はその後かな・・・。

2015031410

強烈なインパクトを醸し出すスノーモンスター。さながら”ベイマックス”(笑)

2015031411

2015031412

霧氷の卵。

2015031413

ロープウェイの山頂駅に戻ってきました。

画像ではほとんど写っていませんが、左側がゲレンデになっていて、多くのスノーボーダーとスキーヤーで賑わっていました。
2015031414

山頂駅の2階に休憩所があります。手すりにつかまりながら上がり、ここでコンビニおにぎりを頬張りました。休憩所は窓側3面に椅子が並べてあり、その前に長机が設置してあります。50人ぐらい座れるようになっていますが、自分の他に3~4人居ただけで、余り利用されていないようです。

時間はまだ正午前。
せっかくなので近場の温泉に入って、腰を”湯治”することに。

2015031415

帰る方向にある温泉の中から、「片倉館」を選びました。お湯は少し熱めに感じましたが、30分ぐらいじっくりと浸かりました。

単純温泉ですが、効能は関節痛、神経痛、筋肉痛、五十肩などとなっています。結果的にこれが良かったのか、家に戻ってから貼ったフェイタスが良かったのかわかりませんが、翌朝には痛みが和らいでいました。
2015031416片倉館はあの富岡製糸場にも関わった片倉工業の創業2代目が昭和3年に建てた温泉施設で、国の重要文化財になっています。ご覧の通り、歴史を感じさせる外観で、千人風呂と呼ばれる浴槽(深さがあり底に玉砂利が敷かれています)といい、昔を感じさせる脱衣場といい、良心的な価格といい、気持ちの良い湯浴みになりました。

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ