すってんころりん 入笠山 2

マナスル山荘本館ではビーフシチューを頂いた。
食べることに忙しく写真を撮り忘れたが、しっかりと煮込んだシチューは濃厚で、ビーフは想像以上に大きく食べ応えがあった。オーナーのお母さんが、自分が漬け込んだ野沢菜と白菜の漬物を振舞ってくれたが、これも絶品だった。
お腹いっぱい、大満足でマナスル山荘本館を後にする。

マナスル山荘本館前のゲレンデは、しっかり雪が残っていた。
奥に八ヶ岳が見える。

2016022712

2016022713

入笠山登山口からは30分で山頂と、案内板に書いてあったが、ゆっくりじっくり登った。登山道は踏み固まった雪道だが、ここも雪の下は凍っていた。とにかく、アイゼンの食いつきが気持ち良い。

2016022720

巻道コースで山頂へ。
山頂直下、この辺りは雪がない。

2016022714

山頂の特等席。
風もなく穏やか。ペットボトルの水がうまい。

2016022715

春霞のような空。
手前が阿弥陀岳、奥が赤岳。

2016022716

権現岳。

2016022717

まだまだ厳冬期の、2000mに近い山頂だが雪はない。

2016022718

15分ぐらい休憩して下山。
途中、マナスル山荘本館の雪山写真教室ツアーと、それとは別のツアーとすれ違う。

風が抜ける場所にこんな氷の塊があった。

2016022721

2016022722

マナスル山荘本館に立ち寄り、外のベンチで小休止。
オーナーのお母さんに鐘で見送って頂いた。

2016022723

山彦荘に向かう道路。
轍に注目。凍ってます。

2016022725

サルオガセ。
なんとなく、美しく衣を羽織ったように見える。

2016022724

3年前の火災で焼失した入笠小屋跡を通り、歩道を経由してゴンドラ山頂駅へ。山麓からはどんどん人を運んでくるが、下りのゴンドラは乗客がほとんど居ない。

2016022726

雪というよりは凍結した路面との戦いであったが、それなりにアイゼンワークを楽しむことができた山行だった。山野草が咲き誇る夏に、また訪れたい。
富士見パノラマリゾートを出て諏訪に下り、「片倉館」で温泉に浸かり帰路についた。

2016022727

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

0