夏の北八ヶ岳・縞枯山 1

新しい登山靴の足慣らしに上高地へ行こうと計画していたが、上高地の天気予報が芳しくなく、急遽北八ヶ岳に変更して山行してきた。入笠山でカツカレーを食べることも選択肢にあったが、夏の北八ヶ岳に臨むことにした。

2016073000

どういうわけか駐車場に蜂や虻がいっぱいいて、準備中に両脹脛を刺された。大事には至らなかったが、夏山はスキンガードのような虫除けの携帯は必須なのかと思った。

2016073001

ロープウェイは、モンベルの会員証で200円割り引いてもらえる。このことを知らない人が多いようで、切符売り場で割り引いてもらったら、周りがどよめいていた(笑)

真っ新の靴は気持ちが良い。

2016073002

お花畑をぐるっと一回りしてから、整備された木道を縞枯山荘方面に歩く。

 

2016073003

坪庭第三ベンチ方面への階段前。

2016073004

2016073005

縞枯山荘へ向かう冬道は、去年の3月に歩いている。

2015031404

夏道はこのように木道が敷き詰められている。

2016073006

実はここまで飲み水を持たずに歩いていた。車の運転中はどこかコンビニで買うつもりでいたが、道中にコンビニが少なく、買う機会がなかった。北八ヶ岳ロープウェイに着いてからは、チケットを購入して直ぐにロープウェイに乗ったので「山頂駅」で買えば良いと思っていたが、実際山頂駅には自販機がなく、思いついたのが縞枯山荘。縞枯山荘では、ペットボトルの水2本とピンバッチを購入した。縞枯山荘で水を販売していなければ、先へ進むことはできなかった。準備は早め早めにすべきと反省。

これから向かう縞枯山。

2016073007

雨池峠がこのようになっていようとは。

2016073008

2015年3月はこんな感じ。道標の傾きはほぼ同じ(笑)

2015031506

道標の茶臼山・縞枯山方面へ向かう。登山道はガレ場というか、谷合の涸れ沢というか、山頂までこんな感じの直登であった。縞枯山山頂へは、雨池峠から僅か200mほどの登りなので、足場が悪い割には意外に早く登れた。

2016073009

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ