西穂丸山 1

朝4時に起きて山行をしてきました。
行き先は西穂高岳。
自分の体力では西穂高岳山頂はもちろんピラミッドピークへの登頂も難しいことは判っていますが、西穂独標までならば行けるのではないかと・・・。

しかし現実は厳しいですね。
今回は西穂丸山までの山行です。

鍋平駐車場に車を止め、「しらかば平駅」で運良く始発のロープウェイ(2階建ての1階)に乗ることができました。天気が心配でしたが、ご覧のような上々の天気。錫杖岳と鍋平高原の紅葉が朝陽を浴びて輝いていました。

2015101700

錫杖岳の紅葉は今が見頃かと。

2015101701

焼岳。

2015101702

ロープウェイが高度を上げていくと、
新穂高温泉郷も一望できます。

2015101703

そして新穂高ロープウェイからの眺めといえば、雲海に浮かぶ白山連峰。すでに冠雪していますね。

2015101704

7分ほどで西穂高口駅に到着します。
高度調整を兼ねて、しばし展望台で写真撮影。

これが西穂高岳。
北アルプスの一翼らしく、山自体はどっしりしていますが、上部は険しいです。

2015101705

西穂山荘も良く見えます。本当に天気が良くてありがたい。

2015101706

西穂高岳の険しい稜線。右のなだらかな稜線は丸山から続いています。最初の尖りが独標です。西穂高岳は山頂を含めて13のピークがあります。

2015101707

岐阜県の最高峰、笠ヶ岳(2,898m)。

2015101708

抜戸岳と秩父岩、その奥は大ノマ岳、さらにその奥は双六岳かな?

2015101709

展望台からの白山連峰(雲海に浮かんで見えます)と、

2015101710

焼岳。こちらは少し噴煙が見られます。

2015101711

さあ、登山届けを提出して山行スタートです。

2015101712

”新穂高ロープウェイ″

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です