隠岐諸島の旅(西ノ島編 3)

「魔天崖」は中居正広・仲間由紀恵主演の2008年に公開された映画「私は貝になりたい」で登場した。豊松(中居)と房江(仲間)が結婚を決意し、さらに豊松が戦犯容疑で逮捕されたときに立ち寄った場所がこの摩天崖だった。特徴的な地形、切り立った岸壁、そして緑色の草原から強烈なインパクトを受け「いつか行ってみよう」と密かに企んでいたのであった。映画の舞台は高知県だとおもったけど、ロケ地が隠岐諸島の西ノ島だったということ。

国賀浜海岸、天井界。風化と浸食、さらには崩落によって形成された奇岩群である。それぞれの岩が様々な物に見立てて名前が付けられているようだが、このアングルからは分かり辛い。ペン先のように尖った岩は観音さまの立像に見えることから「観音岩」と呼ばれている。別名ローソク岩とも言われている。島後島のローソク島と同じように夕日が岩の先端に沈む様子を形容したものである。観音岩の左前に「像鼻岩」、右端に頭だけが見えているのは「蛙岩」と思われる。

先ほど魔天崖でウシと一緒に行動していた子供たちが訪れているようで眼下に見える。舗装された遊歩道を下り10分、上り15分ぐらいの行程と思うが、億劫になり自分は下りなかった。

↓ 国賀浦と国賀港。

国賀浜駐車場付近の花。アキノタムラソウはちょっと怪しい(花名に自信がない)。

ようやく摩天崖と国賀浜を後にして「由良比女神社」へお詣りする。

島前の伝承では、その昔、由良比女命が芋桶に乗って海を渡っているとき、海に浸した由良比女命の手をイカが引っ張った(噛み付いたともいう)お詫びとして毎年社前の浜にイカが押し寄せるようになったと言う。出典:Wikipedia

久しぶりに御朱印を頂く。御朱印は神社ではなく別府港の第2フェリーターミナルの1階にある「西ノ島観光協会」の窓口で頂く。御朱印を頂くのは今年正月の「赤城神社」以来という…。それでも登山道具・無線機・御朱印長は自分の旅の「三種の神器」だ(笑)。

次はいよいよ西ノ島ファイナル。これまた絶景につぐ絶景が…!

 


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です