2020年三重県の旅。

ちょっと前に、毎年恒例の我社の協力会社さまとの懇親旅行に随行して三重県へ行ってきた。コロナ対策はちゃんと講じて。対策の”最大の見どころ”は54人乗りの大型バスにパラパラと数名が乗車という…。

初日はホテルまで一直線。二日目にゴルフコンペと、ゴルフをしない人たちは観光。今回のお宿はそのゴルフ場にある豪華ホテル。GoToトラベルの恩恵でかなりお安く利用させてもらった。さらにお約束の地域共通クーポン付き。お高いお宿なのでクーポンはありがたかった。

本当に身の丈に合わないホテルで部屋にはウエルカムフラワーが置いてあった。後はリンゴとバナナがあれば完璧だった(笑)。ツインの部屋だがシングルユースです。念のため。

さらにはその隣にカートリッジ式コーヒーマシンが置いてある。さあコーヒーでも頂こうとタンクに水をセットしたまでは良かったが、その後で四苦八苦。ようやくカートリッジを正しくセットしたが、スイッチがわからない…(笑)。15分ぐらいかかってようやく美味しいコーヒーを飲むことができた(笑)。

時節柄、宴会が出来ないので夜は参加者で会食。しかし多少のアルコールは入る。5時半から始まって、7時過ぎには中締めとなった。

↑ 翌朝のモルゲンロート。
一段と紅く染まった紅葉が美しかった。

ゴルフをしなくなって7~8年ぐらいか。猛暑日にプレーして何度も脱水症状になったけど、その度茶店で生ビールを飲むと、不思議と元気になったっけ(笑)

朝食。
窓の外は穏やかなゴルフ日和だわ。

ホテルを出て椿大神社と御在所岳へ出向くが、ほとんど歩くことなく…。売店などに巣篭もり状態。高齢者を引率しているので致し方なし(笑)。椿大神社は入道ヶ岳の登山口にもなっているのでいつの日か登山方々お詣りと御朱印を頂きに行きたい。

御在所岳の紅葉はロープウェイの車窓から見るのみ。それでも美しかった。月曜日だったが乗車券の購入時と乗車時に長い列ができていた。下りは混雑がさらにひどかった。我々のように降りてから駅舎の外に出ることなく、すぐに下りる人も多かったようだ。気温は2℃程度だったが風が強く、体感温度は氷点下だろう。自分はダウンを着て行ったが、軽装のお年寄りにはきつい。

アクアイグニスで昼食の予定も、和食が16組待ちとかで一同放心。四日市方面に移動して蕎麦屋さんに落ち着いた。そこで見た昔の公衆電話。レトロ調に作られた電話機だが、こんなの初めて見た。実際に使われていたらしい。

コロナ禍での宿泊旅行であったが、とりあえず1週間が過ぎても体調、体温に大きな変動なし。来週はひとり旅行で今年最後の9エリアへ。年の瀬が近づいてきても出かける予定がまだまだあるよ。感染リスクを避けて安全で楽し旅行を心がけて。

 


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

1+