見行山。

JB23型ジムニーという、新しい”おもちゃ”を手に入れた。今時珍しい5速ミッションというそのおもちゃに慣れるため、ちょっと遠出もしたいし、林道も走りたい。そんなこんなで岐阜県加茂郡八百津町の見行山(けんぎょうざん)へ行ってきた。

タイミングが合えば、「三勝屋」という八百津町では有名な食堂でランチと目論んでいたが時間の関係でそれは叶わず、またの機会となった。近くのコンビニでおにぎりを買い求め、一気に「福地いろどりむら」まで走った。途中、狭い舗装路で林道の気分を味わいながらのドライブだった。

運良く「福地いろどりむら」のトイレ前のスペースに駐車。トイレ前はご覧のように4台しか停められないが、この左側の空き地に軽自動車ならば更に6台程度は停められるスペースがある。トイレは清潔に保たれていて気持ち良く利用できた。準備を整えてイザ。と、デジ簡とデジコミが無いことに気づく。どうやら家の玄関に置いたまま出発したらしい。う〜ん、最近忘れ物が多い。

トイレの向かい側からスタート。一旦下って沢を3回ほど渡渉する。渡渉といってもヒノキ(スギ?)の丸太で拵えた橋が掛かっているので恐れるに足らず。

「東濃ヒノキ」だろうか。真っ直ぐに伸びた樹林帯を歩く。
登山道も良く整備されている。
このコースは2016年頃に開発整備されたらしい。

舗装路に上がる。この通りは県道402号中野方七宗線である。

ここから入山。
山頂まで僅か870m。標高差は約275m。

↓ 入山早々に道祖神?安全な登山を祈願した。
手前の石囲いは何だろう。

↓ 所々にこのような標柱があるので安心して歩ける。この「山頂まで650m」付近で少し気を使った。コースのほとんどで危険な箇所はなかったが、この辺りは画像のように雪が残っていて若干滑った。お守りにチェーンスパイクをザックに入れていたが、使うことはなかった。

↓ 久しぶりにフィーバー。

↓ きつい登りを終えて山頂かと思いきや。もうちょい頑張ろう。
しかしゾロ目が好きなのね。ここは888mなう。

見行山905m、登頂。

山頂でコンビニランチ。先着者が4名ほど居たがベンチを空けて頂いた。しばし、貸切で眺望を楽しんだ。

↑ 恵那山。既に雪が無くなっている。
↓ 中央アルプスか。

程なく後続の登山者が続々と押し寄せ、山頂のベンチは空け渡し。

登りは1時間、下りはサクサクっと下りて40分ほど。山頂付近の工事車両用の道路を少し下りてみたが、ヤマレコマップには足跡(記録)が少なく、888m地点まで引き返して登ってきたルートで下山した。

帰路途中、八百津町で奇妙な風景。県道418号の橋の真ん中の欄干付近に2~3人の人集り。往路でも人がいて気になっていたが、どうやらその場所はバンジージャンプの飛行(落下)台?だった。サイトにはコロナ割引で25,000円とか書いてあるけど、飛ぶ人いるのかねぇ。それとコロナ割引って何ね?

 

励みになります!


登山ランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

+1