立山 室堂乗越 3

雷鳥沢キャンプ場からは軽いサブザックを背負って登って来たが、いやあ、それでもシンドイ。天気が回復すると気温も上がり給水が多くなる。持っている水は室堂の「玉殿湧水」が300ml程度。暗くなる以前に、水があるうちにキャンプ場まで戻らなければ…。と、そうこうしている内に「新室堂乗越」分岐に到着。人の声に誘われて別山乗越方面に向かいかけたが思い直し、「室堂乗越」へ。室堂乗越手前に「剱岳」のビューポイントがあった。「立山曼荼羅」では剱岳は死者の山とされ、現在も「一般登山者が登る山では危険度の最も高い山」とされる。

見るからに危険な山だ…。そしてイケメン(笑)。

危険な山を前にして、振り向くと後方は地獄谷…。

谷合を沸き上がる雲。

美しい秋の立山連峰。

今回の山行で何度も登場している奥大日岳と2511ピーク(手前)。その前が室堂乗越。人の姿を確認できるが、あそこまでは行きたかった。

時間切れにより室堂乗越の手前で引返す。今朝までの雨で稜線の登山道は泥濘んでいる。ちびちびと水分を補給しながら、足下に注意して雷鳥平へ下りていく。

木道は歩きやすい。ただし、濡れている部分は滑りやすいので要注意。

浄土橋を(揺れながら)渡る。朽ちかけた木道と言い、重量級の自分には肝試しとも思える(笑)。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村