富士山本宮浅間大社と身延山久遠寺。

石割山へ登った翌日。宿泊先のペンションで目覚めて部屋のカーテンを開けてみると、外は薄っすらと雪景色。前日の平尾山の暖かさからは想像もしなかった。本当は朝食の後、ホールで紅茶でも飲みながらクラシック音楽をゆっくりと聴きたかったが、次の予定のため9時前にはペンションを出発した。

まずは富士山を東から大きく迂回するように南下し、富士宮市の「富士山本宮浅間大社」へ。正面の第一駐車場は1月の朝霧ジャンボリーソロキャンプの時は満車で停める事が出来なかったが、今回はギリギリ空きがあり停めることができた。最初の30分は駐車代“無料”とのことで、急いでお詣りに向かう。

境内の枝垂桜が満開で“善男善女”が競い合うように写真を撮っていた。

富士山本宮浅間大社は全国に1300ある「浅間神社」の総本社。富士山の頂上にあるのが奥宮で、富士山の8合目以上を社地として所有している。今回は時間がなくスルーしたが、境内には富士山の湧き水による「湧玉池」がある。

次に向かったのは身延山久遠寺。富士宮からは県道398号と国道52号を富士川に沿って北進する。通行する車両が少なく、道中は快適なドライブであった。立ち寄らなかったが、道路脇にはコンビニが点在する。身延橋を渡って暫くすると土産屋が並ぶ参道に合流する。そうでなくても狭い参道に参拝者が溢れ、擦れ違うにも気を遣う。申し訳ない思いで通行し、「せいしん駐車場」へ。

駐車場から「身延山ロープウェイ」の山麓駅まで、再びの階段地獄(笑)。息を切らして登る。まあ、前日の石割神社の階段に比べればなんてことはないが・・・。ロープウェイ料金は通常大人往復1,400円。JAF会員の割引きがあり、1,300円であった。およそ7分で山頂奥之院駅に到着。労せず身延山山頂に登頂(笑)。

なんと山頂は粉雪が舞っているではないか。ダウンジャケットなど防寒をしてこなかったがアノラックの風防を被りサクサクっと「奥之院思親閣」へお詣り。

濃いガスに覆われて七面山方面は全く見えない。

ロープウェイで山麓駅まで降りた後は、久遠寺へお詣り。

お詣りの後、門前町へ下りる参拝者には急な階段が待っている。登りはもちろん、降りも結構キツイのではないか。

久遠寺からロープウェイ山麓駅に近い「せいしん駐車場」へは斜行エレベータがある。どういうわけか使う人が少なかったが、これはありがたい。

久遠寺を降りてからは国道走行を中心に帰路につく。静岡の町を走るのは久しぶりであった。さすがに一般道の走行に疲れ果て、岡崎東インターから高速道路を利用。

何が原因か判らなかったが、翌日は朝から体調不良に陥った。”悪いもの”を食べた記憶はないが、丸一日、何も喉を通らなかった。幸いなことに日曜日で、仕事への影響は無かったが、いったい何だったんだろう?

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村