平湯大滝と大ネズコ 2

「かもしか橋」を左に折れたルートとの合流地点。ちょっとした乗越であり、画像の奥が大ネズコの方向になり、一旦緩やかに下る。

標高はそれほど高くはないが流石に豪雪地帯。ダケカンバが雪の重みで曲がっている。

足元に目をやると、ギンリョウソウ。大ネズコの少し手前辺りに群生していた。

「大ネズコ」

平湯の大ネズコは樹齢が約1000年と言われている。幹周は約7.6m、直径は約2.4m、樹高は23m。標高1450mに堂々と鎮座している。ネズコは別名黒檜と書いて「クロべ」と言われている。謂れは諸説あるようだが、富山県の黒部渓谷に多く植生していてることからそう呼ばれるようになったとか。

大ネズコを堪能した後は先ほどの乗越を、かもしか橋方面に下りた。シダの群生の中にポツポツとサンカヨウが自生していて紺色の実を付けていた。

キャンプ場からのルートとは異なり、緩やかに下る。こちらからであれば完全武装しなくとも登れるだろう。2回ほど渡渉するが、しっかりとした橋が架けられていて歩行には全く問題はない。と、またしても巨木が目の前に現れた。

「ブナ」だろうか。下の方の樹皮は苔むしている。これも樹齢500年程度はありそうだ。

ブナの巨木の近くにある「炭焼窯跡」。草が茂り炭焼窯跡の実態を目にすることはできなかった。

平湯大滝からキャンプ場を経て大ネズコを観賞してきたが、掛かった時間は1時間30分ほど。良い運動ができたところで「ひらゆの森」へ。日帰り入浴の開始時間を待って入場したが、さすがに駐車場は空いていて、正面に停めることができた。汗を流した後は平湯スキー場に戻り「あんき屋」で早めのランチを摂り、国道を使って帰路についた。

 

P.S. 平湯スキー場付近ではヤマボウシが満開だった。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村