平成最後の入笠山山行 1

宿泊したホテルの朝食は6時45分から。食堂の窓から見る外の様子は薄暗いものの、好天を予感させるものだった。8時前にチェックアウトして、この日目指したのは、ホテルから30分掛からずに到着する入笠山。正確には入笠山の登山ルートのひとつである富士見パノラマリゾート。到着してみると、いつも車を停める第一駐車場はすでに満車。係員の指示に従い、少し下にある第三駐車場に車を停めることになった。準備を整え、9時前にはゴンドラチケットの販売窓口に並んだが、大勢のスキーヤー、スノーボーダーで溢れチケット購入するまでに30分近くを要した。ゲレンデから少し離れた場所にあるゴンドラ乗り場はそれほど混雑しておらず、別レーンが与えられるソロということもあって、然程待たずに乗車できた。

今回は、昨年秋のモンベルクラブ・フレンドフェアで購入したチェーンスパイク(旧モデル)を初めて使用した。脱着が簡単で使い勝手は良い。チェーンスパイクには何ら問題はなかったが、装着のため屈んだ時に軽度の腰痛再発。過去にも北横岳・乗鞍岳で同じような症状になったことがあり、これで3度目のギックリ腰である。ああ・・・情けない。

標高差が少なく、歩行距離も短い入笠山ということもあり、腰の様子を見ながら山行を開始した。ゴンドラ山頂駅から「アカノラ山」の巻道を経由して「入笠湿原」に下りてみた。違和感があるものの何とか行けそうだ。腰は少し痛むが、天気は申し分なく、入笠山山頂での眺望に期待するばかりだ。

「入笠湿原」。ヒップソリやスノーシューを楽しめるほどの積雪はない。

入笠登山口横の「お花畑斜面」(旧ゲレンデ)。入笠湿原よりは積雪がある。雪上歩行ということもあり、腰の痛みをあまり感じない。

唐松の霧氷と八ヶ岳(横岳、硫黄岳)。

蓼科高原と蓼科山、北横岳。

あっという間に岩場コースと迂回コースの分岐までやってきた。腰の痛みも何のその。岩場コースに挑む(笑)。

山頂直下で少しバテはしたが、無事登頂。気温は氷点下10℃近くまで下がっていたと思うが、風が無く穏やかな山頂だった。たまたま空いていた大きな石に腰を下ろし眺めを楽しんだ。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村