北海道旅行二日目〜大雪山旭岳ロープウェイ編

今回の旅の相棒・・・。ホンダ・フィット(旧モデル)。エコノミーモードだとアクセルを余分に踏み込ませない憎いヤツ(笑)

2014052506

旭川市のホテルを8時前にチェックアウトして、大雪山旭岳ロープウェイを目指します。道道(県道と同じね)1160号線(4桁かよ!)をひたすら西へ走ります。旭川市街地を抜けると、本州にはまず無い、長い直線の道路が現れます。大草原を走る直線道路ではなく、市街地を抜けた郊外の直線道路です。調子に乗って突っ走ると、おまわりさんのお世話になってしまう可能性があるので、レーダー探知機を持参してきましたが、ここまでのところレーダー探知機のお世話になっていません。フィットはエコノミーモードでは走らない・・・。

ホテルを出たときから天気は曇り。それでも薄陽が差し始めていたので午後には晴れるかなといった空模様。忠別湖というダム湖があるのですが、それを過ぎてロープウェイに向かう山道に入った頃から霧が濃くなってきました。それと同じくして気温も低くなってきました。

だらだら坂を上ります。標高800mを過ぎると霧で視界がほとんど効かなくなってきました。後続の車が離れまいとしてフィットのテールランプに食いついてきます。路肩の奥には溶けきらぬ雪の壁。速度を控えめにして先へ急ぎます。ナビの画面ではもうまもなく目的地。霧の中、登山者らしき人たちの姿が見えたと思ったら公営駐車場でした。

2014052403(この画像は霧が晴れてから撮影)

ロープウェイの旭岳山庵駅は公営駐車場のほんの少し先にありました。建物の周りには数台の車と、観光バスが停まっているのですが、ひと気がまったくしません。霧のため運行していないのかなと不安になりましたが、しばらくすると建物からパラパラと人が出てきました。意を決して(笑)往復運賃1,800円を支払い、ロープウェイに乗車します。おそらく、1,800円を払って霧で何も見えない場所へ行くのだろうなと思っていましたが、やはりそうでした(笑)

2014052404

2014052405

標高1600m。ほんとうに何も見えませんでした(笑)駅には登山客の夫婦がいらっしゃいましたが霧が晴れるまで待つしかないといった雰囲気でした。ロープウェイは20分毎に折り返しています。その間ギャラリーで旭岳を紹介するビデオを見たり、貸出用の長靴を眺めたりして過ごしました。

IMG_3469

この時期は長靴が必需品のようです。無料で貸してくれます。

DSC_0008

姿見駅のロープウェイ乗場。

上りは私一人が乗客でしたが、下りは若いファミリーがひと家族。姿見駅では見かけなかったので、上って折り返し下るのでしょうか・・・?

2014052408

上りのロープウェイとすれ違います。上りは向こう側が進行方向です。霧が濃いでしょ?

2014052409

山庵駅の裏が植物の群生地になっています。カメラマンが数名、橋の上から向こう側にカメラを向けていますが、何を撮っていたのか不明です。

2014052410

こうして予定より早く大雪山旭岳ロープウェイを後にしたのですが、この後、思いがけない場所で、すてきな方と遭遇するのです・・・。

励みになります。ポチットね!

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村
こちらもよろしく^^ゞ

0