山之上富士山(高木山から縦走)1

先週に引き続き「みのかも健康の森」へ出かけた。この日はライセンスフリー無線のイベントがアチコチであるために、数日前からどの山を登ろうかと思案していた。本来はもう少し東の恵那市から中津川市辺りの山へ行くことにしていたのだが、少し寝坊したために自宅からそれほど遠くない「みのかも健康の森」へ向かった。みのかも健康の森はゲートの開門時間があり、朝は9時オープンなのだがそれより若干早くても開いている。9時前に第一駐車場に車を停めて、高木山への登頂がライセンスフリー無線のイベント始まる時間に合うように出発した。

今回も777の階段を避けて途中から尾根ルートへ。駐車場から30分で登頂する計画なので、麓の景色を堪能することなくひたすら登った。息を切らして登っているとピンクの花弁が鮮やかなヤマツツジを発見。

10時過ぎに登頂。この時間の山頂は数名のハイカーが居たのみ。中には特定小電力無線機を楽しんでおられる方も一人居た。南向きの土手に腰を掛けて無線運用をしていると、777段の階段から人が次々と上ってくる。先に上がった人が遅れてきた家族に「がんばれ~」と、もはや運動会の様相(笑)。やがて周りは先週以上に子供の輪が出来ていた(笑)。そして私の耳元で「ヤッホー!」と叫ぶ子供たち(笑)。いやあ今回も賑やかな高木山山頂であった。

山頂からは御嶽山、白山、能郷白山がはっきりと見えた。

高木山山頂には1時間ほど留まったが、次なる目的地「山之上富士山」へと進む。コースを誤らないように・・・。

高木山山頂を下りると直ぐに登山道の左側が切れ落ちている。「扇谷絶壁」と呼ばれる痩せた尾根を歩く。ここは見下ろせば真っ逆さまだが眺望がよく、里山であることを一瞬忘れてしまうほど。

さらに下りていくと足元が険しい岩場が現れる。先行者が登山装備の無い家族だったので間合いを詰め過ぎないように歩く。

ホット一息ついたところに展望の良い岩場。
ここで家族連れをパスさせてもらい先行する。

気の抜けない岩場の下りを終えると、やがて富士見橋を経て山之上富士山の取り付きとなる。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です