明王山

岐阜県関市と各務原市に跨る山並みを、関市側からは「関南アルプス」、各務原市側からは「各務原アルプス」と呼んでいる。その”アルプス”の一部を歩いてきた。前回の百々ヶ峰と同様に下界で昼食を済ませてから登山を開始した。

「迫間不動尊」の駐車場に車を停めようかと思ったが、各務原市側に少し戻って「東屋のある駐車場」に停めた。その東屋のある駐車場から、更に100mほど各務原市側に進んだカーブの頂点辺りに遊歩道入口のゲートがある。明王山に登るには、ここからのエントリーが一番早いのではないかと後になって思った。

遊歩道入口からの緩やかな舗装路を10分ほど登ると「のべぶり岩・金比羅山」登山道への分岐がある。この先は沢沿いの樹林帯のやや急な登山道となる。

屏風のような岩が現れたと思ったら、もう稜線に出た。自分のような”亀足”でも登山道への分岐から15分少々。左には「のべぶり岩」、右は「金比羅山」。金比羅山は目の前である。

展望の良い場所に祠があった。ステンレス製の立派な祠の中には木彫の仏像が数体。背景には御嶽山がある。祠の隣には山に見立てているのか円錐状に尖った岩がある。古の山岳信仰だろうか。

そして金比羅山と金比羅神社。石柱が傾いているのはご愛敬。

舗装路を歩いても、舗装路と並行している登山道を歩いても、明王山山頂の到着時間に大して変わりはない。土や岩の登山道は若干険しい箇所があるが危険というほどではない。

能郷白山かな。

目指すはあの電波塔。

ミニミニ・ゴジラの背(笑)。

電波塔の下を通り抜けると明王山山頂(見晴台)。ここまで登山者と余りすれ違わなかったので山頂の人の多さにビックリ。思わず笑ってしまうほど人で溢れていた。みんな山頂のベンチでお昼を食べていたようだ。

最初の舗装路のゲートから50分ほどで明王山登頂。これならばもう少し早く家を出ていれば猿啄城跡まで行けたかなぁ。次の機会の楽しみにしておこう。

左奥の冠雪した山は高賀山、真ん中の山塊は片知山、瓢ヶ岳。その右に見える雪山は大日ヶ岳、鷲ヶ岳か。

中央アルプスと笠置山。画像はないが御嶽山や乗鞍岳、西の伊吹山はくっきりと見えた。雪の無い恵那山も。

そして、またしても名古屋駅の高層ビル。その右手に白く光るのは伊勢湾か。

今日も穏やかで山登りを楽しめた一日だった。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です