ぶらり永平寺へ。

前日の夕方、白山市内のホテルの窓から見た白山。iPhoneと言えどもさすがにズーム撮影は一眼レフの望遠レンズに劣る。

翌朝、陽が昇った後、能美市から大笠山・笈ヶ岳方面。これより西(右)の方向にある白山は雲の中だった。

9時前にホテルを出発し福井市内の「酒蔵」を目指す。しかし、酒蔵に到着してみると休業であった為、欲する酒を求め福井市内をうろちょろと…。スマホとカーナビを駆使して販売店を探し出し大願成就。そのまま帰路につくのも勿体ない時間だったので永平寺へ立ち寄ることにした。

永平寺を訪れるのは約30年ぶり(驚)! 若かりし頃に会社の同僚らとドライブついでに訪れて以来である。であるからして、ほとんど記憶にない(笑)。先に吉祥閣の御朱印処でお代金を添えて御朱印の申し込み。福井県では初の「旅の印」である。ぐるっと参観した後に回収するシステムのようだ。列が出来ていたが御朱印を求める善男善女は少なかった。

デカい(広い)イメージはあったが、こんなに…。

傘松閣(さんしょうかく)。昭和5年の創建というから来年が90年。平成5年から2年の歳月をかけて再建されたもの。2階は156畳大広間。天井には昭和5年当時の著名な画家144名による天井絵が描かれている。

紅葉のシーズンが終盤ということもあり、参拝者も多くなかなかゆっくりと見学できない。建物も何が何だかわからない(笑)。

長い階段。ピカピカに手入れされています。注)永平寺は基本、左側通行です。

苔の具合もなかなか良いようで。

参道手前の民営駐車場に車を停めて1時間半程で戻った。料金は400円とまあまあリーズナブル。駐車場のおじさんに「一日に何台ぐらい入るの?」と無謀な質問をしたところ、想定外に長い時間駐車する人が多く、回転率はそれほど良くないとのこと。この日(11月24日)を以て今年の紅葉も終わり。閑散期に入るとのお話だった。

ソースカツ丼が永平寺近辺の名物とは知らなかった。帰りに道路沿いのお店に立ち寄りおろし蕎麦とのセットを頂いたが、カツはおそらく冷凍食品、味も今一つだった。ソースカツ丼は信州伊那駒ヶ根に限りますな。おろし蕎麦は美味しかったですよ。

 

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です