冠山 1

9月7日、岐阜県と福井県の県境にある「冠山」を登ってきた。目指す登山口は「冠山峠」にあるのだが、カーナビで検索しても冠山峠が見当たらず、スマホのGoogle Mapを頼りに向かうことになった。淡墨桜で有名な根尾谷から県道270号に入り、途中ニホンジカや猿に遭遇しながら徳山湖方面に向かった。徳山湖からは国道417号に合流するが徳山ダムの完成に合わせて作られた片側1車線の整備された道路は、ほどなく対向車とすれ違うことが困難な狭い道へと変わる。別名で酷道417号と言われているが、徳山湖の最後の公衆トイレを過ぎると福井県方面へは「林道冠山線」とされている。

7時前に冠山峠に到着。強い風が吹き抜けて寒い。気温は20度を少し下回る程度だが、強風のせいで体感温度は低く感じる。コンビニで買ったサンドイッチとおにぎりを食べながら車中で様子を伺う。後から到着した3人組のパーティが登山に向かったのを見て、自分も出撃準備を開始した。

山頂の標高から登山口の標高を単純に差し引きすると、その差は僅か230mほどだが登ってみると小さなアップダウンの繰り返し。標高差以上にスタミナを奪われる。登山道は整備されていて歩き易い。画像の右上に通ってきた国道417号が見える。

序盤のヤマ場、標高1156mの小ピーク手前のちょっとした岩場を登り切ったところで振り返ると、冠山峠と駐車スペースの車が見えた。

朝のうちは地面が緩んでいるところがあったが、下山する頃にはほぼ解消されていた。

ニホンジカの足跡と思われる。

足に絡まりそうな根っ子。

ブナの大木、幹周1m位。

山頂が近づいてきた。雲の流れで分かるように強風が吹き抜けている。

登頂できるかどうかは分からないが、この先「冠平」まで行ってみることにする。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です