2019年夏、美ヶ原 1

台風10号に翻弄された盆休み。白馬大池にテン泊して小蓮華山を目指す計画を立てていたが、美ヶ原を散策して諏訪で一泊という行程に変更した。美ヶ原へは何度も訪れているが最近は悪天候に阻まれ、ハイキングを楽しむことが出来ていなかった。この日も快晴を期待していたが曇りで、遠くの北アルプスはもちろん、八ヶ岳さえ全く見えなかった。

山本小屋ふるさと館から「美しの塔」を経て「塩くれ場分岐」辺りまでは、ハイカーの8割は観光目的の軽装の人たちで、それなりの登山装備をしている自分は場違いかと感じるほどだった。所謂「アウェー感」を感じていた(笑)。

好天が期待できない中、今回は久しぶりにアルプス展望コースを歩いてみよう。この看板で知ることになったが、美ヶ原にはこんなにハイキングコースがあるんだね。(コースはこれ以外にもあるようだが)

アルプス展望コースなのだけど、前述のように遠くの景色は全く見えない。

ただ、このコースは遊歩道(登山道)の周辺にお花がいっぱい。そのお花に誘われて、蝶や蜂、トンボなどが飛び回っている。お花の画像は後日図鑑にしてアップしたい。

美ヶ原といえば板状節理。「百曲園地」辺りから板状の岩盤が現われる。

ちょっと日差しが出てきた。

雲の切れ目から見えるのは塩尻市、松本市辺りか。

キアゲハ。

誰が積んだのか絶妙なバランス。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です