ぶらり西穂山荘まで。

「山の日」の1日前に西穂山荘まで行ってきた。鍋平駐車場に車を停めて、「しらかば平駅」からロープウェイに乗った。乗車待ちの混雑を予想したが、臨時便が出ていた為かそれほどではなかった。しかし、西穂高口駅の展望台に上がって見ると、やはり多くの人で溢れていた。

「笠ヶ岳」とロープウェイの支柱。

目指したのは一番左のピーク。ではなくて、右の鞍部にある山小屋。西穂高口駅との標高差は300mも無いが、山荘直下の急登は結構しんどい。

「抜戸岳」と「大ノマ岳」。初めて「秩父岩」を見た時はその形に感動した。

千石平園地の登山センターは閉じていた。新穂高温泉の登山指導センターでは遭難防止対策キャンペーンが行われ、安全な登山と登山届の提出の啓発活動が行われたらしいが・・・。

夏は笠ヶ岳や抜戸岳などの展望を楽しみ、冬は乗鞍岳(連峰)の展望を楽しむ。

ほどなく西穂山荘に到着。

ちょうどテーブルが空いたので、一画を使わせてもらった。

本当はコーヒーが飲みたかったのだが、テルモスを持ってこなかったし、西穂山荘の自販機にも缶コーヒーがなく、「ノンアルコール」を買ってしまった。グビグビと飲んだが、のどごし良く美味しかった。

西穂丸山まで登ろうかと思ったが、とにかく人が多く見ていて渋滞が分かるほどだった。そんな様子をしばらく眺めた後に下山した。

天気は良く、手持ちの温度計で25℃ほどあった。日差しが強く、暑かった。

速い人は西穂山荘から1時間掛からずに西穂高口駅まで到達するらしいが、自分はゆっくり。登りとほとんど変わらない1時間30分少々で下山した。下山後は、北アルプスから少し離れた穴場の温泉にゆっくり浸かってから帰路に着いた。お盆の来週はもう一山計画しているが、台風10号でどうなることやら・・・。

*西穂山荘付近の高山植物

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です