どこまで行っても雨。

こんな日もあるさ。

出かける前から信州の天気が悪いことは分かっていた。それでも土曜日は上諏訪のビジネスホテルに予約を入れてあった為、行かざるをえない。行動が可能であれば、土曜日は美ヶ原、日曜日は入笠山への山行を計画していた。雨傘(代替)プランとして土曜日は軽井沢へ行くことを準備していた。

15日の朝。中央自動車道上り246キロポスト(座光寺PAの少し先)付近。この辺りは雨が止んでいて南アルプスの稜線が見えた。が・・・、目的地の美ヶ原に到着して見ると、山本小屋ふる里館前の駐車場は深い霧の中、そして雨。山行を諦めて一旦美ヶ原高原美術館の駐車場へ移動。トイレを拝借して代替プランの軽井沢観光へ予定変更。この週末は軽井沢でG20サミットの「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」(タイトルが長い)が開催されるということで、車で向かうと検問や渋滞が鬱陶しい。ならばと言うことで途中で車を置いて鉄道やバスで向かう事を選択した。佐久市のJR佐久平駅に車を停めてJR小梅線で小諸まで、第三セクターしなの鉄道に乗り換え軽井沢へ向かうのであった。佐久平駅では雨は小康状態だったが肌寒く、ジャケット類は何も持ってきていなかったので、山用のレインウエア(ヤッケ)を羽織って出かけた。

軽井沢駅構内の「立食いのうどん」をササっと掻き込み昼食を済ませ、軽井沢駅北口から旧軽井沢銀座へはバスで移動。運賃は160円。インバウンドが多いところに、釣り銭が出ないバスの運賃精算システムの為、乗降時に出入口が大渋滞を起こしていた。晴れて入れば然程気にならなかったかも知れないが、雨の中で到着したバスに直ぐに乗れず、待たされるのは勘弁して欲しい。

人通りの少ない旧軽井沢銀座をぶらっと歩き、雑貨の類を少々買い求めた後、近くにある「諏訪神社」へお詣りに立ち寄ったが、神主さんが不在の為御朱印は頂けなかった。

再び軽井沢駅。一段高くなっている向こうは新幹線のホーム。駅構内に制服の警察官を多く見かけたが物々しさは感じなかった。

雨の軽井沢で冷えた体のまま、上諏訪のビジネスホテルへ。晩餐はいつもの居酒屋でなく某山小屋オーナーお勧めの店へ。豊洲直送の刺身盛り合わせは美味かった。18時過ぎから飲み始めたが、19時を過ぎてから次々と押し寄せる客に、カウンターとは言え一人飲みは気が引けて生中3杯で退却。

この灰皿は懐かしい。若かりし頃、飲み歩いたスナックで必ず見かけた灰皿だ。

翌朝も雨。まっすぐ帰るのも勿体ない。久しぶりに飯田の元善光寺へお参りに。

前回の訪問は2015年の大晦日。最近は一般道で諏訪から伊那路へ向かっても、権兵衛トンネルを経由して木曽路へ廻ってしまうので、駒ヶ根や飯田は縁遠かった。

雨の中、参拝客はまあまあ居ましたね。お地蔵さんの傍らに、飯田市出身の詩人「日夏耿之介」の詩が。

ここでも雨。大きな松の木が雨傘の役目を果たしてくれた。

懐かしい、戒壇巡り。(スマホライトも厳禁ですぞ)

結局、週末の2日間はどこまで行っても雨でした・・・。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です