令和の初めは上高地 1

新潟旅行の疲れが抜けきれず、4月30日、5月1日と家でゴロゴロしていたが、記念すべき「令和」最初の山行は計画通り上高地へ行ってきた。ただ計画では横尾で一泊、涸沢で一泊、場合によっては横尾か徳沢へ戻ってもう一泊としていて、テントなどそれ様の装備と食料を車に積んで家を出たが、結局は徳沢までの日帰り山行となった。

勝手知ったる平湯の「あかんだな駐車場」へはカーナビの設定をすることなく向かったが、久しぶりに高山の高速出口を誤って白川郷まで行く羽目に。時間にして40分ほど、料金は900円ほどロスした。あかんだな駐車場は「第1」と「第2」がほぼ満車だった。「第3駐車場」に車を停め、出発の準備をしていると雨が降り出してきた。合羽を羽織りバスターミナルへの階段を上がった。

上高地バスターミナルへは9時5分頃に到着。雨は降ってはいなかったがどんよりしていた。小梨平キャンプ場へ立ち寄り、昨年の11月に一日中眺めていた奥穂高岳・明神岳を見上げるがご覧の有様。「山の天気」では「晴れ」を予想していたのでちょっとがっかり。

11時前には「徳沢園」に着けるだろうと目論み歩く。遊歩道は雪融けがほぼ終了しているが路肩や道路の一部に雪がある。樹林の陰で陽が当たらない道のほとんどが泥濘んでいる。道路に残っている雪は踏み固められたものなので滑り易い。

日当たりの良い場所では問題はない。少しずつ雲が流れて晴れ間が見える。

小梨平から40分ほどで明神到着。

更に40分ほどで明神岳が見える場所。前衛、左に長七ノ頭と右に茶臼の頭。

標高2500m近くある中山だがあまり雪が付かないのか。後ろには残雪の横通岳、東大天井岳、大天井岳へと続く表銀座の稜線。

前穂の三本槍と茶臼ノ頭。三本槍の向こう側が涸沢か。涸沢へはいつになったら行けるのか、夏道を経験しておかないとなぁ・・・。

右、屏風ノ頭。

徳沢に着いた。

今回のミッションは「徳沢園のみちくさ食堂でカレーを食べること」。昨年は無かったような気がするが、入ったところに券売機が設置されていた。「カレー大盛」というメニューのボタンを思わず(いや迷わずが正しいか)押してしまったが、それがこちら。みちくさ食堂のカレーは、とにかく牛肉が柔らかくて美味しい。料金は1150円と良心的。食べ切れるかなと思ったが、すんなりと完食。

テン場と長塀山。正午前、既に結構なテント数だったが、まだまだ増えたんだろうと思う。

お猿も健在。ただ徳沢ではこれ一匹しか見かけなかった。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です