美ヶ原(撤退)〜高島城公園をぶら散歩。

”登山天気”の予報を信じて、3連休の初日は美ヶ原へ出かけた。しかしまあ、首都圏でも積雪が報じられていたように、北海道をはじめとした東日本に強い寒気が流れ込み、東京都内でも積雪の予想が出ていたほどで、美ヶ原と言えどもハイキングには適さないシチュエーションだ。
美ヶ原へはいつも国道142号(旧中山道)の和田峠を経由して向かう。降雪量によっては越えられない可能性がないことも無い峠道だ。これを迂回する新和田トンネルという有料道路もあるのだが、往復1240円という通行料金はやけに高いと思い、いつも利用を避けている。宿場町の和田に下りて、県道178号で美ヶ原へ向かうが、こちらの方が標高も高く積雪は多い。下の画像はビーナスラインと合流する手前、堰堤付近。

路面はそれなりに積雪があるが、昨年と比べると少ない。スタッドレスタイヤであればFFでも問題なく走行できる。
ビーナスラインに合流した辺りからガスが立ち込めて視界が悪くなった。風も強く、谷底から山側へ勢いよくガスが流れている。雪は降っていない。山本小屋ふるさと館前の駐車場に到着し、しばし車内から状況を観察する。

このコンディションの中、1組のパーティが出発して行ったが、自分は撤退。諏訪に下りることにした。今回も諏訪市で一泊する旅程であるが、翌日に計画していた観光を前倒して行って、明日、天気が回復すれば山に登れば良いと。

ということで、諏訪南IC前の「ハルピンラーメン」で腹拵えをし、まずは「八ヶ岳リゾートアウトレットへ」。店舗の入れ替えがあったようで、靴のクラークスや靴下を扱う店が無くなっていた。それより何より、駐車場が有料(300円)となっていたのが驚きであった。「マウンテンハードウエア」でちょっとだけ買い物をして諏訪へ引き返した。

「高島城」。豊臣秀吉の家臣でもあった戦国時代の武将「日根野高吉」によって築城された高島城。明治になって廃城となり、1970年に天守閣が復興された。本丸は高島城公園として整備され、本丸の石垣と堀は残されている。

天守閣は有料(大人300円 JAF割引で200円)で入場できる。1階と2階が展示室、3階はバルコニーに出て城下を見渡すことができる。


下城後は公園内をぶらりと散歩。公園内には護国神社があり、御朱印をとも思ったが、神職は不在だった。
頃合いを見てホテルにチェックインをし、一息ついてから行きつけの居酒屋へ。芋焼酎とジビエ料理、諏訪産?鹿肉の串焼きなどで胃袋を満たした。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です