大和ミュージアム〜千光寺、そして白滝山。

前夜は広島の味「お好み焼き」を求めて、ホテルの周りを右往左往した。ようやく見つけた店に腰を落ち着け、目の前の鉄板でお好み焼きを賞味した。流石に12月の三十日(みそか)ともなると、開いている店は少ない。この店のBGMが1970年代のポップスで、懐かしかった。

旅行3日目は呉市の「大和ミュージアム」を皮切りに、尾道市の「千光寺」、尾道市因島の「白滝山(五百羅漢)」と回り、夜は愛媛県松山市のホテルを予約している。博物館や記念館などは年末年始を休館しているところが多く、予定を立てる際に気をつけなければならない。本当は因島水軍城を予定に入れたかったのだが、休館のため果たせなかった。

大和ミュージアムというのは愛称で、正式名称は「呉市海自歴史科学館」である。じっくり見ようとするなら、最低でも2時間、いや3時間は必要であろう。戦前・戦後の呉市における船舶製造技術を主たる展示内容としている。

エントランスには実物の10分の1の大きさの「戦艦大和」が展示されている。この模型は、大和の海底調査や発見された資料により判明した最新の情報に基づいて制作されており、新たに判明した史実や資料があれば随時それに合わせて改装されているそうだ。

館内の「大和シアター」上映されている映像を見て感じることがあった。映像で死没者名簿が流れるのだが、乗員3000余名の内、約9割が大和と共に命を落とし、1割が生き残ったのだが、死没者の約20%が愛知県を中心とした東海地方の出身者ということを知った。自動車産業や航空機産業だけでなく、古くから「ものづくり」が盛んに行われていた当地であることから、死没者の中には生粋の技術者も多く含まれていたのではないかと思う。

次いで尾道市の千光寺へ。呉市から尾道市へは途中無料区間の自動車道を走ったが、それでも1時間半程を要した。目的地に駐車場が無い場合は、近隣の有料駐車場を事前にネットで探してからカーナビに登録するのだが、尾道市の到着した駐車場は商店街の真ん中にあり、空きがあったのはラッキーだった。

千光寺ロープウェイの料金は往復500円。これも定員30名のコンパクトなゴンドラで、山麓駅から山頂駅までを3分で結ぶ。ロープウェイを下りて、目の前にある千光寺公園頂上展望台に上がり尾道の街を見下ろす。中央に見えているのは川ではなく、海である。海の向こうにあるのが向島である。

 

「千光寺公園山頂展望台」。

展望台の反対側へ下りていくと「八畳岩」と名付けられた大きな岩があった。かつてはこの山に城があり、この場所に物見櫓が建てられていたらしい。また、宮島の弥山と同じように、この岩も磐座であったと推測されている。

ロープウェイは往復の料金を支払ったが、他の人に習い歩いて下りることにした。ロープウェイを利用せず、下から歩いて登ってくる人も多かった。

「石鎚山」と書かれている。かつての修行場で、鎖を辿って登ったものを近年復活させた。千光寺の鎮守は熊野権現と石鎚権現だそうだが、この石鎚権現は四国愛媛の石鎚山ではなく、千光寺の東にある浄土寺山の石鎚権現の方向を向いているのだとか。本堂横で御朱印を頂いたが、4種類あり1つでも頂けるが、まとめて4つ頂いた。

ちょっとPOPなロープウェイを見がなら、ひたすら階段を下りていく。

千光寺の下にある天寧寺の三重塔。線路が見えるが、これは山陽本線。尾道駅は右の方向にある。

あちらこちらに猫がいる。尾道市は「猫の街」とも呼ばれているが、隣接する住宅の周りには、水を入れたペットボトルがいくつも並べられているのを見ると、必ずしもヒトとネコは良好な関係ばかりではないようだ。

しまなみ海道(西瀬戸自動車道)の尾道大橋、因島大橋(画像)を渡って因島へ。

「フラワーライン駐車場」に車を止めて、「白滝山展望台」まで15分程登ると因島村上水軍6代当主が建立した観音堂がある。その先に江戸幕府末期に設置された五百羅漢と呼ばれる石仏が並んでいる。石仏に一礼して、そのまた先にある白滝山展望台に上がると、素晴らしい眺望があった。

展望台の下に鐘楼があったので、久しぶりに鐘をついた。

しまなみ街道を経て今治市に入り、一般道を通って松山市へ。旅行では、なるべく日没前に宿泊先に到着するようにしているが、松山に着いた頃には完全に日が沈んでいた。松山のビジネスホテルでも駐車場を巡ってちょっとしたアクシデントがあったが、そこは大晦日でもあることから、ぐっと堪えて笑顔でやり過ごすのであった。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2 Replies to “大和ミュージアム〜千光寺、そして白滝山。”

  1. いつも素晴らしい写真ありがとうございます。
    今年も楽しみにしてます。
    余計なお世話ですが、
    こんなに旅されて、お仕事に影響無いのですか?羨ましい限りです。

    0
    1. サスケのオカンさん、いつもありがとうございます。この年になりますと所得は増えませんが(笑)、可処分時間はどうにかこうにかしっかり取れる傾向にあります。仕事と遊び・・・メリハリをつけて楽しみたいと考えております(希望)。今年もよろしくお願いします(笑)。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です