大阪で散財。

久し振りに大阪のお好み焼きが食べたくなって、いざ大阪へ。ちょうど今日、明日とモンベルのフレンドフェアが行われていることもあって、早朝の鈍行列車に飛び乗った(とは言っても、発車間際に駆け込み乗車をした訳ではないので悪しからず)。岐阜からだと京都で一旦改札を出て、新たに切符を買って大阪向かう方が若干運賃が安くなることから、今回も行き帰りとも京都経由である。

まずは通天閣さんに会いにディープな大阪へ。「禁煙」と書いてある貼紙の前でタバコを吸うおっちゃんや、「自転車は降りて通行してください」と書いてある場所でも、何食わぬ顔で自転車で走り過ぎるおばちゃん。朝から串カツ屋のカウンターで呑んだくれているおっちゃん。これまた貼紙を見てビックリしたが、あの辺りで「モーニングサービス」はコーヒーのセットではなく、お酒と串カツのセットだった…。とにかく面白い街である。

通天閣の直ぐ下で包丁や刃物を売っている店があり、そこで肥後守タイプのフォールディングナイフを購入した。実は鋼の肥後守も持っているのだが、山で使うには少し重い。このナイフは約20gの軽量で、持ち手も花梨コブという非常に硬い木で出来ていて都合が良い。

通天閣で買い物を済ませ、ついでにこの辺りでお好み焼をと考えたが、思い改めてモンベルフレンドフェアが開催されているインテックス大阪近くまで歩を進めた。で、入った店が「鶴橋風月」。ファミレス感覚で気軽に入れる店である。

「とんぺい焼」を肴に生ビールを…と考えていたが、お好み焼きが出来上がった頃にとんぺい焼も出てきた。ま、どちらも美味しく頂きました。

大阪南港フェリーターミナルに2隻の「さんふらわあ」。

モンベルの会員証でチェックイン。その後、抽選会場でクジ引き。ホールの中を一回りし、アウトレットコーナーで少しばかりの買い物。この冬買おうと決めていたチェーンスパイクは、ここで旧モデルを購入した。

ステージでライブを聞いた後、「鈴木ともこ」氏のトークショーを聴講した。たまたまこの日は「伊吹山ユウスゲまつり」と同じテーマで話をされていたが、資料に基づいた説得力のある話を、聞き取りやすい(分かりやすい)口調で話されていた。

その後「鈴木ともこ」氏の本を買い求めたり、会場の中をもう一度一回りしてから帰途についた。

新幹線で行けば2時間もかからずに行ける場所へ3時間半かけて行き、3時間かけて帰ってきた。お山へ行くより疲労感が強い(笑)。

モンベルフレンドフェアでの戦利品。黄色い丸皿は抽選で当たったもの。手前の緑色の製品は「象足」のようなもの。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です