2018年北海道旅行・ 知床五湖トレッキング 2

空は明るくなってきたが、雲は低く厚い。地上遊歩道の散策もいよいよ終盤に差し掛かった。晴れていれば、二湖の向こうに知床連峰の山々がドーン!と見えるはず。

地上遊歩道と高架木道散が交わることろ。進行方向が分かり辛かった。

見所のひとつ、一湖とスイレンと知床連峰。

この茂みのどこかにヒグマが…。

「キオン」。

「ナガバキタアザミ」。

木道から下を覗くと、「電流柵きけん」。

この画像からは伝わらないが、1.6kmの高架木道の半分ぐらいまで行くと、向こうから多くの外国人旅行者が歩いてきた。もちろん日本人観光客もそれ相応にいるのだが。

知床公園財団のスタッフブログに、7月22日に木道近辺に現れたヒグマの画像があるが、ちょうどこの辺りか。帰宅後、編集中に気づいたのだが、この画像の中央にエゾジカの雄がいる(笑)。

残念ながら悪天候で、ヒグマを見ることも叶わなかった。散策には2時間以上費やし、汗もいっぱいかいたが知床の自然の一部を体験することができた。

 

この日も計画は盛りだくさん。次なる目的地へ向かう。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です