2018年北海道旅行・釧路湿原 1

盆休みに加えて有給を取得し、8月9日から北海道の道東を旅行してきた。今回の旅の目的は釧路湿原や知床五湖の散策と、大雪山黒岳の山行がメインだ。フライトは中部国際空港と釧路空港を往復する日本航空便。この路線は8月に限り、火・木・土曜日にそれぞれ往復1便を運行している。   機材はボーイングの737-800で座席にゆとりがあり、サイズが大きめの自分には快適な空の旅だった。前回の北海道旅行の際には、離陸直前に機材にトラブルが発生し、乗客は他の航空会社に振り分けて2時間以上遅れての離陸だったことを思い出す。

定刻通りに釧路空港に到着した。小雨が降る中、予約しておいたレンタカーで釧路湿原へ向かった。目的地をナビにセットしたが、工事中の場所を自力で迂回することになり時間をロスした。雨傘を持ってこなかったこともあり、途中コンビニに立ち寄り傘を購入するはめにもなった。

釧路湿原・細岡展望台。釧路湿原の東側に位置し雄阿寒岳や雌阿寒岳などが見渡せるようだが、残念ながら低い雲が立ち込め眺望はなかった。

蛇行する釧路川は確認することができた。

細岡展望台の入口。駐車場からはゆるやかな舗装路を10分ほど登る。

細岡展望台周辺の花。※花の名前は調査中

※花の名前は調査中

群生するフキの大きさに驚く。

ビジターズ・ラウンジ。ピンバッチなどちょっとした土産物を売っている他、喫茶コーナーもある。駐車場・トイレはこの一段下の場所にある。タクシーが見えているが、展望台入口まで送ってくれるようだ。釧路本線の釧路湿原駅も近い。

※旅行中は現地で速報版をアップしてきたが、本編がまとまり次第、順次差し替えていく予定。

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です