桜平から硫黄岳へ 1

金曜日の仕事を20時過ぎに終え、22時前に自宅を出発し中央道を諏訪方面に向かった。南八ヶ岳の麓、「唐沢鉱泉・桜平分岐」を過ぎてからの4km余りの道程は、久々に味わう悪路だった。噂には聞いていたが、車がすれ違うのが困難な狭い道。所々にコンクリートで舗装された場所があったが、道路の大半は舗装されておらず、轍で凸凹のウオッシュボードが至る所にあって、運転に気を使った。桜平駐車場(中)に近いところで、橋が流されたのか沢を迂回する小さく細い橋が架けられてあったが、これが一番の難所であった。ハイエースなどの大きい車は数回の切り返しを要するのではないかと思う。先日の「夏山フェスタ」の、「八ヶ岳の山小屋相談ブース」で尋ねたところ、桜平駐車場(上)まで行かずとも、(中)に車を止めればトイレも近いと勧められていたが、近いどころか、まだ建てて間がない新しいトイレが(中)駐車場にあった。そんなこんなで苦労の末に到着した(中)駐車場では、4時間ほどの睡眠を取った。

スナックパンと缶コーヒーで朝食を取り、準備をして予定通りの6時に出発したのだが、駐車場では虻がいて、ふくらはぎを中心に複数の攻撃を受けた。直前に虫除けのスプレーをかけてはいたが、余り効果がなかったようだ。

いつものように登山届は「コンパス」で出したのだが、主にして使用しているソフトバンクの電波状態が悪く、楽天モバイル(キャリアはドコモ)で提出した。

(中)駐車場から登山口がある桜平ゲートまでは15分ほど。路傍にシャクナゲが咲いていた。

桜平ゲート。ここから先は一般車両は通れない。桜平駐車場(上)は、手前左方向に登った所にある。

夏沢鉱泉まではこんな感じの道が続く。

大きな岩。噴石だろうか。

堰堤。

この橋を渡った右上に夏沢鉱泉が見える。

「夏沢鉱泉」。標高2060mにある。山荘前からは槍・穂高が眺められるとのことだが…。

ここで休む人も多かったが、自分はゆっくりと先へ向かった。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です