徳山湖へ。

好天に誘われて徳山ダムまでドライブ。自宅からは約1時間半。藤橋城、徳山ダムを通過し徳山会館まで足を伸ばした。徳山会館はダム事業で廃村となった、旧徳山村の歴史・文化を後世に伝えることを目的とした施設。人造湖の「徳山湖」のほとりにあり、徳山湖を一望できる。徳山会館ではレストランのほか宿泊も出来るらしいが、館内には入らず展望台に上がり景色を楽しんだのだが、この湖にかつての徳山村が沈んでいるのだ。能く能く考えると切ないものがこみ上げてくる。展望台と言っても高くはないが、360度見渡すことができる。画像は西方面、一番奥に見えるのは伊吹山地の金糞岳。

北方面。徳山湖の周りは標高800mから1000mクラスの山が連なる。徳山会館のある場所の標高は約420m。これだけの標高があってもこの日は暑かった。

東方面。船のように湖に浮かぶモノは何?

 

東南方面。徳之山八徳橋(国道417号)と花房山。

南西方面。正面が上谷山か。

徳山会館の前にある「ふるさと」の石碑は、ダムに沈んだ徳山村を題材にした映画「ふるさと」を記念したもの。旧徳山村役場前に建てられたものを移設した。その横には戦死者を慰霊する「忠魂碑」。

最後に花房山をバックに愛車を撮影。この後、急いで「いび川温泉藤橋の湯」へ。4月にもらった割引券があり410円(通常510円)で入湯。混雑もなくゆっくり浸かることができた。

急いで藤橋の湯へ向かった理由は、混雑するランチタイムを避けたかったから。おかげで温泉同様食事もゆっくりと頂くことができて満足。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です