奥上高地を歩く、2018春 1

前日に開山した上高地を歩いてきた。「あかんだな駐車場」に車を停め、本来は大正池でバスを降りて田代湿原やウェストン碑を見て歩く予定だったが、バスのトランクにザックを押し込んであるため、上高地バスターミナルまで行くことになってしまった。

徳沢、もしくは横尾で野営するつもりで、オスプレイ・アトモス65には、テントと寝袋を詰め込んである。バスを降りて体制を整えてから梓川へ向かう。目の前に穂高連峰がドーンと広がるこの瞬間が、たまらない。

河童橋の向こうには明神岳。まだ人通りが少ない梓川左岸をゆっくりと歩く。

そして河童橋に立ち焼岳を眺める。ここからは河童橋を渡り、梓川の右岸を明神に向けて歩く。

あっと言う間に岳沢湿原のウッドデッキに到着。正面の山は六百山。立ち枯れの木と美しい湧き水が岳沢湿原である。6月頃にはレンゲツツジが彩りを添える。

岳沢湿原に注ぐ岳沢。沢の音、鳥の声に耳を傾けながら自然探勝路を楽しんだ。

イチリンソウ。穂高神社の手前の木道付近や明神橋を渡った辺りにポツポツと咲いていた。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です