アウトレットと神社巡り(美ヶ原・番外編)

美ヶ原でのスノーハイキングを楽しんだ日は、諏訪のビジネスホテルに投宿し、晩酌は行きつけとなった居酒屋で地酒を味わった。食事を終えホテルに戻る頃には雪が降り始め、翌朝は駐車場に止めた車の屋根に10cm弱の積雪となっていた。ホテルをチェックアウトし、車の雪下ろしもほどほどに、山梨県北杜市の八ヶ岳リゾートアウトレットへ向かった。標高1,000mの山中にあるアウトレットモール。規模はそれほど大きくなく、アパレルを中心としたアウトドアブランドが幾つかある。クラークスの靴や、福助の靴下などを買い求め諏訪に引き返す。途中、下の画像は甲斐駒ケ岳や鋸岳がドーンと見える場所に車を止め撮影したもの。

諏訪に戻った頃がちょうど昼時となり、「ハルピンラーメン富士見諏訪南インター店」に立ち寄る。下諏訪のハルピンラーメンには数回訪れたが、この店は初めてだ。先日、入笠山へ向かうとき、諏訪南インターを出て最初の信号待ちで正面に見えたラーメン屋が、ハルピンラーメンの看板を揚げていることに気づき、訪問の機会があればと思っていたが、タイミング良く訪れることができた。

ハルピンスペシャル。どんぶりより大きい海苔と大型の叉焼。麺は細麺でのど越しが良い。ニンニク・信州味噌・唐辛子などを四年間寝かせて熟成した秘伝ダレのスープが病み付きになる。スープを底からかき混ぜて麺に絡ませて頂くと尚更美味い。

家に帰るにはまだ早く、諏訪市内の神社を巡ることにした。先夜諏訪の居酒屋で話を聞いた「八釼神社」「手長神社」そして「足長神社」を巡った。諏訪湖では五季ぶりの御神渡り(おみわたり)が現れて話題になっているが、この御神渡りの神事を執り行うのが八剱神社の神職だそうだ。八剱神社には宮司はおらず、足長神社と合わせて3つの神社を手長神社の宮司が兼務しているようだ。御朱印もまとめていただけるとのことで、最後に手長神社へお詣りしたが、境内で何かしらの行事が行われていたようで礼服の男性が数十名待機しておられた。御朱印は次回に先送りしお詣りだけをさせてもらった。
足長神社。凍りついた石段を少し登る。
手長神社。
神社に樽酒。諸説あるようだが、神様に捧げる最も清らかな水…すなわち清酒。ということで奉納されるようになったのではないか。神様も諏訪の酒はさぞかし「美味い」と仰っていることであろう。
諏訪の旅の最後に、上諏訪の五つある酒蔵のひとつ、「舞姫酒造」に立ち寄り純米大吟醸酒と純米吟醸酒をそれぞれ1本(注:四合ビン)買い求め、帰路についた。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

“アウトレットと神社巡り(美ヶ原・番外編)” への4件の返信

  1. いつも楽しく読ませて頂いております。スノーシューやってみたいと常々思っています。よくガイドを付けて行うと言うのは聞きますが、膳さんは個人でスノーシューハイクされているのですね。山登りしてない素人には無理でしょうか? 美味しい情報ありがとうございます。ハルピンラーメン行ってみたいです。

    0

    1. サスケのオカンさん、こんにちは。美ヶ原のような高低差がない高原であればガイド無しでもスノーシューを楽しむことができると思います。美ヶ原の場合、駐車場にある「山本小屋ふる里館」という山小屋でスノーシューを借りることもできます。ただ、高低差のない歩きやすい場所でも、霧や降雪など気象状況によっては道迷いの危険性も出てきますので注意は必要です。

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です