2018年初ソロキャンプ 1

毎年恒例の「新春ソロキャンプ」を行うため、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ行ってきた。今回は新東名高速道路を利用して富士宮へ向かったが、昨年の11月から静岡県森掛川IC~新静岡ICまでの約50kmで、試行的に最高速度が110km/hに引き上げられている。3連休の初日ではあったが渋滞もなく、スムーズに目的地に到着した。

富士山の山頂に少し雲が掛かっているが、お天気は上々だ。

ネット予約の代金2450円を支払い、今回もMサイトに幕営した。

何も変わらない富士山ではあるが、昨年と比較して8合目付近からの雪が少ない(下の画像は昨年1月7日の富士山)。そして、バンガローが解体され整地されつつあった。

新しいバンガローを建てるのか、それとも別の施設を建てるのか。朝霧ジャンボリーオートキャンプ場のサイトを見ると、「2017年3月1日よりメンテナンスの為利用できなくなる…。」とあるので、きっと新しい建物になるのだろう。

富士山を目の前にすることができるこの場所。先に使用していた家族が、ちょうど撤収するところで、入れ替わりに設営させてもらった。

富士宮市内のスーパーで買ってきた弁当を昼食にして、その後ブラブラとサイト内を散策した。Mサイトから西の方角へ下りていくとNサイトがある。

Nサイトのトイレと炊事場。向こうに富士山がちょこんと見えるが、トイレと炊事場の向こうにNサイトは広がる。即ち、Nサイトからも富士山を眺めることができる。左の道路の向こうが歩いてきたMサイト。

Nサイトから左に迂回するとOサイトがある。右に炊事場があるが、この場所はOサイトの入口あたり。

Oサイトの入口あたりでは富士山はこんな感じ。

Oサイトのメインはこの場所か。ここで見る富士山の方が、Mサイトよりも見栄えが良い。

何度も形を変え、てっぺんに笠雲がかかる。富士山測候所によれば、笠雲がかかると近いうちに雨が降るという。

今年もハクセキレイがテント周りで遊んでいた。

笠雲が残る富士山のアーベントロート(夕焼け)。

太陽が西の空に消えていくと、気温は急降下。午後4時過ぎには氷点下となった。設営した頃は時折強い風が吹いていたが、夕暮れには収まっていた。おかげで焚き火をすることができた。晩酌は、信州塩尻の大吟醸を、地元で購入した飛騨牛のサーロインを鉄板で焼きながらいただいた。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です