麦草峠から白駒池へ 3

さて、白駒荘からは白駒池の東を中山に進み、ニュウを目指す計画だったが、ひと月ぶりの山行ということで体も重く、足元も悪いこともあって麦草峠へ引き返すことにした。観光客の団体に混じり、白駒池から「白駒池有料駐車場方面」へ歩いていく。

この白駒池周辺の森の苔が、見どころ満載だった。

「白駒池」の周辺に広がる原生林は、2008年に日本蘚苔類学会により「日本の貴重な苔の森」『八ヶ岳白駒池周辺の原生林』として認定を受けている。白駒池周囲のような美しい苔の原生林は稀らしい。

何かの顔に見える。

駐車場のバスが見えてきたところで分岐となり、麦草峠方面へ向かう。と、直ぐに「白駒の奥庭」という看板が目に入った。規模は小さいが北横岳の坪庭を彷彿させる溶岩台地だ。手前にはハクサンシャクナゲの葉が見えるが、7月中旬が見頃らしい。

しばらくはこの木道を歩くが、空中を歩いているような錯覚に陥る。

木道を抜けると「黒曜の森」と呼ばれる樹林帯に入る。

樹林帯を抜け、目前に茶臼山が見えると麦草ヒュッテに到着。

「麦草峠無料駐車場」の整理のおじさんが愛想が良く、登山者に「お疲れさまでした」と声をかけてくれる。登山に向かう際にも「お気をつけて」と。疲れて戻って来た身を穏やかな気分にしてくれる。
麦草峠を後にして諏訪に下りたが、ふと気がつくと車の燃料がエンプティ。ハラハラしながらガソリンスタンドに辿り着き、いつものように片倉館、ハルピンラーメンとハシゴして一般道で帰途についた。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です