初夏に歩く、上高地 1

 

今年2度目の上高地。通算で4度目の上高地であるが、これほどの晴天は初めてだ。
そして今回は、徳沢園でのキャンプがミッションである。グレゴリーのザックにテントとシュラフなど、テン泊の為のツールとペットボトルの500mlの水を3本詰め込んで、更に一眼レフカメラ、300mmの望遠レンズを含めると、およそ15~16kgの重量を背負う。

2016061800

上高地バスターミナルから梓川左岸に出て、見上げる穂高連峰。
左から西穂高岳、間ノ岳、天狗岩、天狗のコル、ジャンダルム、ロバの耳から奥穂高岳へと続く稜線。

2016061801

青空に稜線のスカイライン。いやあ、素晴らしい!

2016061802

朝まだ早く、観光客が少ない河童橋で焼岳を見上げる。

2016061803

焼岳北峰の溶岩ドーム。

2016061804

西穂高岳。
中央の丸い”コブ”が山頂。

2016061805

GWに訪れた前回は、大正池から田代橋を経て明神まで梓川の右岸を歩いた。今回は左岸を歩く。
河童橋から小梨平へ向かうと直ぐに、清水橋という小さな橋がある。

2016061806

清水橋から清水川の梅花藻を眺める。
花が咲くのはもう少し先か。

2016061807

山野草に目を奪われる。
これは「カラマツソウ」。

2016061808

奇妙な花弁「ミヤマニワトコ」。

2016061809

違うアングルから西穂高岳。一番左のピークが西穂独標か。

2016061810

長塀山。
上高地・徳沢ルートで蝶ケ岳へ登る際は長塀山を越えなければならない。

2016061811

まもなく下白沢。2016061812

「ベニバナイチヤクソウ」。

2016061813

上を見たり、下を見たりして写真を撮りながら歩いてきたが、ほぼコースタイム通りに明神館に到着。

2016061814

まだ観光客もいない。明神館もひっそりとしていた。
給水のための小休止をとって、徳沢へ向かう。

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です