Beyond the Road 美ヶ原高原 1

先々週、乗鞍畳平で痛めた腰のリハビリを兼ねて美ヶ原へ行ってきた。
車での長距離ドライブは、ほとんど影響はないが、腰骨の左横辺りにまだ痛みが残る。

早朝5時に家を出て、高速道路を利用して8時30分頃に目的地に到着した。
お天気は快晴。と、まではいかないが、まずまずであった。
気温は10℃。長袖のベースウエアにTシャツという出で立ちだが、標高2,000m近い高原ではさすがに少し寒く、ネッグウォーマーを首に巻いた。

駐車場の向こうには鹿島槍ヶ岳を始めとする、後立山連峰が見える。

20160604000

美ヶ原高原美術館の駐車場に車を停めさせてもらい、ゆっくりとした歩調でハイキングを開始した。

”美ヶ原高原美術館″

最初は牛伏山に向かう。看板には所要時間が10分となっているが、とても10分で行ける距離・高低差ではなかった。画像にあるような木道がしばらく続くのだが、所々が腐食して踏み抜きの跡も見られた。従って、重量級の自分は人一倍慎重に歩かざるを得なくなる。

2016060401

美術館と幾つかのモニュメントを右手に見ながら木道を進むと、左方向の視界が開けてきた。
霧ヶ峰高原の向こうに八ヶ岳連峰。そして、隅っこに富士山。

2016060402

美ヶ原高原美術館から20分ちょっとで牛伏山展望台。
日本のスキー界にあって大きな功績を残した桜庭留三郎翁のレリーフがある。

2016060403

そして、槍ヶ岳。
なんと贅沢なことだろう。美ヶ原は南に富士山、北に槍ヶ岳を望むことができる。

2016060404

画像では穏やかに見えるが、牛伏山は風が強かった。
牛伏山を下りると、いよいよ美ヶ原高原のハイキングだ。広大な美ヶ原牧場に「美しの塔」を見ることができる。

2016060405

牛伏山のケルンの間に見えるのは蓼科山。草が左に傾いているのは常に強い北風の影響を受けているのだろう。

2016060406

「王ヶ頭ホテル」と電波塔群。
右奥にも電波塔があるが、最終目的地の「王ヶ鼻」は、奥の2本の電波塔の近くだ。
美ヶ原高原美術館からは大凡5kmほどの距離である。

2016060407

牛伏山を下って山本小屋方面(右隅の青い建物)へ。よく整備されているが、途中に2ヶ所あるクランク状のゲートが狭く、ザックが引っかかって困った。

2016060408

山本小屋に下りる手前にある、牛の石像。
木曽の御嶽山の方向を見ているらしい。

2016060409

山本小屋の前、ここから”Beyond the Road”が始まるわけだが、それはもう長かった。
ただ、往路は景観に富んだ飽きないコースだ。疲れも感じさせないほど、素晴らしい景観が待っていた。

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

“Beyond the Road 美ヶ原高原 1” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です