桜色に輝く霧氷の山〜 大台ヶ原 2

大台ケ原の最高峰「日出ヶ岳」は1695m。
大台ケ原ビジターセンター駐車場の標高は1571mなのでおよそ120mを登ったにすぎない。ここまでは、登山といよりはハイキングのような山行だ。

「海が見える展望台」から「正木峠」へ向かう。
霧氷で覆われたシロヤシオのトンネルを、腰を屈めながら抜けると…。

2016043013

一瞬の青空。

2016043015

2016043014

正木峠からも熊野灘が一望できる。

2016043016

青空は再び霧に覆われ、吹き付ける強風に耐えながら
「正木ヶ原」を目指す。

2016043017

この辺りは大台ケ原を見渡すことができるポイントだ。
吉野の桜はまだ見たことがないが、霧氷を纏った木々がまるで桜のようだ。まさに、霧氷の山である。

2016043019

遠くに「大台ケ原ビジターセンター」の建物と、駐車場を見ることができる。その向こうには経ヶ峰が微かに見える。

2016043018

「正木ヶ原」。
伊勢湾台風によって森林が破壊され、地表に日光が差し込むようになり、コケ類が衰退して笹が繁茂し始めた。笹の繁茂はニホンジカの生息数増加を招き、大台ヶ原の森林を構成する樹木の幼木や樹皮がシカに採食されるようになった。

20160430190

20160430191

「正木ヶ原」から「尾鷲辻」を経由して「牛石ヶ原」へ。
「尾鷲辻」には東屋があった。多くのハイカーが、休息やランチタイムを楽しんでいた。

 

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です