錦繍の高ソメキャンプ場 2

2015110100

翌朝、冷え込みはホンモノでした。
初めて見る乗鞍岳のモルゲンロート。

2015110101

当たり前ですが、池に映った乗鞍岳も朝焼けに染まっています。
土手は霜が降りて白くなっています。
それもそのはず、朝6時29分の気温は氷点下4.6度。

20151101000

車もテントも凍りついています。

2015110102

2015110103

急いで火を起こし薪を燃やしますが、薪の残りが少なくガンガン燃やすまでにはいきません。おまけにカセットコンロの火の勢いが弱く、なかなかお湯が沸きません。
朝食はコーヒーとスナックサンド。

日が昇り空が青く輝くと乗鞍岳の上方に月が・・・。
いやあ美しい。

2015110104

2015110105

美しい景色に酔いしれていると、昨夜に続いて背筋から寒さが襲ってきました。なんたって氷点下ですから、寒いです。
テントに戻ってストーブで暖をとりながら、ストーブの熱でテントを内側から暖め霜を融かし乾燥させる魂胆です。

テントを完全乾燥して帰路につきたいのですが、なかなかそうは上手く行きませんね。10時までには次の目的地へ出発したかったので、80%程度乾燥したところで撤収です。

燕岳の麓、中房温泉に浸かってきました。
中房温泉は高ソメキャンプ場のある松本市奈川から約60km、1時間30分の距離にあります。特に有明神社を過ぎてからの山道が長く(中房温泉で聞いたところでは17km)タフなドライブに。

2015110106

画像は立ち寄り入浴(日帰り)専用の受付で、手前が燕岳への登山口になります。宿泊施設のある中房温泉はこの建物の奥にあります。来年の夏に燕岳に登る計画を立てているので、その下見を兼ねた日帰り入浴でした。

”長野県安曇野市穂高有明

励みになります!
 にほんブログ村 アウトドアブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です