池田山 2

林道は冬季閉鎖中なので一般車両は登ってこれませんが、管理者のものと思われる車の轍が雪に埋もれていました。日陰の吹き溜まりのような場所だと、30cmほどの雪がありました。

2015011106

こんな場所でまさかのネームライツ?

2015011112

UFOのような、シュークリームのような雲・・・。大野町から岐阜市内方面。

15011107

高度計が付いた腕時計は本当に便利で、どのぐらい登ったか、どのぐらい下りてきたかを知る目安になります。PRO TREKをチラチラ見ながら林道を下ります。標高300mぐらいまでは、本当に楽しいハイキングでした。

ふと気づくと自分以外に人の気配はなく、正体がわからない野生の動物が道路から森の茂みにバサバサと消えていくと急に心もとなくなり、慌ててザックから熊鈴を引っ張り出して鳴らしながら下山しました。さすがに今の時期、熊は出ないだろうと思いながらも、考え始めたら不安で仕方ありません。

これは大垣市内方面を眺めるの図。

2015011108

西に目を向けると霊仙山。名神高速の伊吹PAの正面にそびえる山です。ゆるやかな稜線の1,000m超えの山ですが、機会があれば登ってみたいと思います。

2015011109

標高300mを切った辺りから、両足のつま先が痛くなり始めました。ルンルン気分は何処へやら・・・。

延々と続く下り勾配をただひたすら下りて行く訳ですから、膝にも負担がかかります。ストックを使って体重を逃がしながら歩きますが、今度は二の腕も痛くなりました。

いやもう長いのなんのって。標高差500mの舗装された林道を下ることなど大したことがないと考えていましたが、さすがにきつかったです。東屋から麓の池田温泉まで、家に帰ってから調べてみると7km近くあります。で、池田温泉から霞間ヶ渓までは2km強ありますから、東屋からの戻りだけでざっと10km近くを歩いたことになります。

2015011110

いや本当に良い運動になりました。

お腹が空いたので大津谷公園に車を回し、ランチタイムとしました。さすがにキャンプをしている人はいませんでした(笑)

2015011111

 


励みになります。ポチットね!

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村
こちらもよろしく^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です