令和の初めは上高地 2

徳沢を後にして明神へ引き返す。梓川の川底から浚渫したと思われる石が高く積まれた場所から横尾方面を見上げる。大天井岳の稜線が美しい。そして、

ゴツゴツした稜線の前穂高岳。

動画を撮影したこの場所だけ、帽子が飛ばされるほど風が強かった。

明神から徳沢までの間で雪が林道にせり出している場所は無かった。

蕗の薹はちょこちょこ顔を覗かせていたが、ニリンソウなどの花はもう少し先になりそう。

画像右上、長塀山の稜線からチョコンと見えるピークは、常念岳?

シラビソ?の樹林。草の葉は青々としている。

お馴染みの”沢越え”。

以前から落石注意の看板(4ヶ国語)があった場所。明神寄りの箇所で崩落していた。その先(徳沢寄り)もいつ崩れてもおかしくない。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村