ぶらり上高地の旅 3

立秋はとうに過ぎ、9月も半ばに差し掛かろうというのに下界は暑い。しかし流石に上高地の朝は冷えた。と言っても10℃は下回らなかったと思う。シュラフは軽さとコンパクトに収納できる点からモンベルのダウンハガー800 #5を持ってきたが、体を程よく温めてくれた。前夜、周りには既にスーパーライトかウルトラライトのダウンを着ている人が多くいたが、自分はそこまで寒いとは感じなかった。

5時過ぎにカップラーメンの朝食を済ませて、食後のコーヒーを飲みながらまったりとした時間を過ごした。7時前に撤収を始め、30分ほどで全て片付けると、仲良くして頂いた隣のテントの親子に挨拶をしてキャンプ場を後にした。システム上、タグを返却する為、撤収後に徳沢園のキャンプ場受付に向かわなければならない。

徳沢手前の遊歩道に通行人数を記録するカウンターが設置してあった。以前は、徳沢入口に1機の設置だったと思うが、これは往路復路をそれぞれ記録しているようだ。(画像手前が徳沢、向こうが明神方面)

「六百山」。この場所は徳沢を出てすぐの梓川。浚渫工事で掬い上げたと見られる砂や石ころが堤防のように積まれている。

そんな中で花を愛でる。「カリガネソウ」かな? 葉っぱが相当やられている。

「中山」と「大天井岳」。雪が無い大天井岳の山肌が新鮮に見えた。

「ゴマナ」。ノコンギクのようにも見えるが葉っぱが違う。

これが「ノコンギク」。

天気が良く名残惜しが早めに上高地散策を切り上げて「ひらゆの森」へ。運よく正面の駐車場に空きがあり停められた。ザブザブっと温泉を楽しんだ後に高山市内にある「アルプス展望公園スカイパーク」へ。ここでライセンスフリー無線の交信を楽しんだ。乗鞍岳でCB無線機を運用する局長さんと繋がった。CB無線機は先日オークションで買い求めた40年以上前のナショナル製のものだが、使えることが確認できた。この公園は標高差はそれほど無いが、名前の通り遠方にある北アルプスの展望が良い。

公園を降りた後は国道41号沿いの外食チェーン店で昼飯を食べて一路我が家へ。南に下るにつれて気温は上昇。上高地では20℃に満たなかったと思われるが、平湯で25℃、高山では30℃とどんどん暑くなり、家に着く頃には35℃となっていた。本当におかしいよこの暑さ・・・。

暑さのせいか、上高地で猿を全く見かけなかった(遊歩道で目の前を一生懸命に横切るモグラは見た)。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村