麦草峠から白駒池へ 1

「苔」を求めて白駒池へ行ってきた。ひと月ぶりの山行になるが出端から体は重かった…。麦草ヒュッテ近くの無料駐車場に着いたのが8時過ぎ。紅葉にはまだ早く季節の端境ということもあってか、駐車場は2~3分の入りだった。

計画は麦草ヒュッテから丸山、高見石小屋経由で中山へ。中山からニュウに登り、白駒池の北を半周して麦草ヒュッテへ戻るというもの。画像は「ニホンジカ防護柵」を通過し、振り返って麦草ヒュッテ(左下の赤い屋根)を見たところ。正面に茶臼山、その向こうに見えるのは縞枯山か。

歩き始め、登山道はすでに苔生している。この辺りは、まあまあ歩きやすい。先行する母子のペースに合わせてゆっくり歩く。

大きな石。

所々に泥濘。前日の雨がおそらく早朝まで残っていたのだろう。ある程度の覚悟をして向かっていたが…。

鬱蒼とした樹林帯で、太陽が照らしている場所の苔は水々しい。

「丸山の森」。

さながら「ジブリ」の世界。

「物の怪」の気配は感じないが、追い越してきた母子の子どもの甲高い奇声が遠くで聞こえる(笑)

緩やかだった登山道であったが、丸山の森以降は険しい登山道に。丸山頂上付近は大きな石がゴロゴロしていた。標柱の横に三角点が見えるが、頂上の手前にもあった。

ここまで1時間。休憩はとらず高見石小屋へ向かう。

 

励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村